デジタルパーマとは

デジタルパーマとは、近年話題になっている新しいパーマの技法です。
デジタルパーマは別名を「形状記憶パーマ」とも言い、髪を乾かすとウェーブが甦るというものです。デジタルパーマは「デジタル」の名がつく通り、ロッドをデジタルコントロールすることで適度な温度に保ち、髪にダメージを与えることなくパーマをかけていきます。
デジタルパーマの機器を出しているメーカーは何社かあり、代表的なものとしては、
・デジタルフリー(パイモア)
・デザイニングステーション(資生堂)
・オーディス(オオヒロ)
・マイクロパーマ本体バンテージ(サニープレイス)
・セレカ Plus(パール化研)
といったものがあります。

実はデジタルパーマというのは登録商標で、パイモア社の「デジタルフリー」を使ったパーマ限定の名称なのですが、ほかの機種を使っている美容院でも「デジタルパーマ」を掲げていることも多いようです。とはいえ、「システムキュール」「サイエンスカール」「マトリックスカール」などと書かれている場合もありますから、デジタルパーマをかけたい方は、その点注意を理解しておきましょう。

デジタルパーマに向く人、向かない人

デジタルパーマは長持ちしますが、価格は普通のパーマと比べると割高な傾向があります。どちらのパーマがいいかというよりは、自分の髪の条件やニーズに合わせてデジタルパーマか否かを決めるといいでしょう。
デジタルパーマは、以下の条件の人に向いています。
・パーマがかかりにくい、または落ちやすい人
・髪が傷んでいる人
・スタイリングが面倒だと言う人
・パーマを長持ちさせたい人
・縮毛矯正をしている人

とはいえ、ヘアスタイルによってはデジタルパーマをかけることができない場合があります。極端に短いショートヘアや、シャギーやレイヤーによって毛先の毛量が非常に少なくなっている人はデジタルパーマをかけることが難しいと言えるでしょう。美容師がムリと判断した人は伸ばしてから最チャレンジするか、普通のパーマということになります。なお、デジタルパーマでは熱いロッドを使うので、根元からかけることはできません。

スポンサードリンク